すずめの戸締まり ぬいぐるみ(ダイジン)

葬送のフリーレン
SPY×FAMILY>
呪術廻戦
ウマ娘 プリティーダービー Season3
薬屋のひとりごと
Twitter
グッズ

すずめの戸締まり ぬいぐるみ(ダイジン)

¥3,080 (税込)

  • お気に入りに追加
配送説明 2023年7月上旬より順次お届け予定
商品コード TASG02786a



 商品のお届けについて

多くのお客様からのご意見・ご要望を受けまして、再販売をいたします。

 ・商品お届けは【2023年7月上旬頃】を予定しております。
 ※在庫が無くなり次第終了となります。予めご了承ください。



新海誠監督最新作『すずめの戸締まり』のオリジナルグッズを、TOHO animation STORE にて限定販売!



扉の向こうには、すべての時間があった――。

2022年11月11日(金)に公開される新海誠監督の待望の最新作『すずめの戸締まり』のぬいぐるみが登場!
作中に登場する「ダイジン」を、ほぼ等身大の約15cmのぬいぐるみにて商品化。

※画像はイメージです。実際の商品と異なる場合がございます


【注意】
・1会計の購入数量を1個に限定させて頂きます。それ以上の個数のご購入を希望される場合は、お手数ですが再度ご注文ください



【商品仕様】
 素材:ボア生地
 サイズ:高さ約15cm
 


 
 


『すずめの戸締まり』(2022年11月11日公開)

九州の静かな町で暮らす17歳の少女・鈴芽(すずめ)は、
「扉を探してるんだ」という旅の青年・草太に出会う。
彼の後を追って迷い込んだ山中の廃墟で見つけたのは、
ぽつんとたたずむ古ぼけた扉。
なにかに引き寄せられるように、すずめは扉に手を伸ばすが…。


扉の向こう側からは災いが訪れてしまうため、
草太は扉を閉めて鍵をかける“閉じ師”として旅を続けているという。
すると、二人の前に突如、謎の猫・ダイジンが現れる。

「すずめ すき」「おまえは じゃま」

ダイジンがしゃべり出した次の瞬間、
草太はなんと、椅子に姿を変えられてしまう―!
それはすずめが幼い頃に使っていた、脚が1本欠けた小さな椅子。
逃げるダイジンを捕まえようと3本脚の椅子の姿で走り出した草太を、
すずめは慌てて追いかける。

やがて、日本各地で次々に開き始める扉。
不思議な扉と小さな猫に導かれ、九州、四国、関西、そして東京と、
日本列島を巻き込んでいくすずめの”戸締まりの旅”。
旅先での出会いに助けられながら辿りついたその場所で
すずめを待っていたのは、忘れられてしまったある真実だった。

 
 

『すずめの戸締まり』公式サイト

https://suzume-tojimari-movie.jp/





 

 



※商品仕様は予告なく変更になる場合がございますのでご了承ください。
※在庫がなくなり次第終了となります。
※お客様のご都合によるご注文のキャンセル、変更、返品はできませんのでご注意ください。


    
発売元:東宝
©2022「すずめの戸締まり」製作委員会
 

バリエーション :  ぬいぐるみ(ダイジン)を選択中

SOLD OUT

おすすめ商品