BLUE GIANT ジャンパー

葬送のフリーレン
SPY×FAMILY>
呪術廻戦
ウマ娘 プリティーダービー Season3
薬屋のひとりごと
Twitter
グッズ

BLUE GIANT ジャンパー

¥19,800 (税込)


  • お気に入りに追加
配送説明 2023年2月下旬より順次お届け予定
商品コード TASG02941




アニメーション映画『BLUE GIANT』のオリジナルグッズを、TOHO animation STORE にて限定販売!


2023年2月17日(金)公開『BLUE GIANT』のジャンパーが登場!
2013年『ビッグコミック』(小学館)での連載開始以降、“音が聞こえてくる漫画”とも評され、コミック累計発行部数が880万部を超えるヒットを記録する本作の世界観をイメージ。胸元にはワンポイントで刺繍が入っており、中綿入りなので保温効果も抜群です。

世界一のジャズプレイヤーを目指す主人公とその仲間たちの熱くて激しい青春が体感できる一着を、是非この機会に手に入れて下さい!
 


【商品仕様】
 素材:ナイロン、ポリエステル
 サイズ:Lサイズ
(着丈 約71cm/身幅 約61cm/肩幅 約55cm/袖丈 約65cm)


  
 


『BLUE GIANT』(2023年2月17日公開)


「オレは世界一のジャズプレイヤーになる。」

ジャズに魅了され、テナーサックスを始めた仙台の高校生・宮本大(ミヤモトダイ)。
雨の日も風の日も、毎日たったひとりで何年も、河原でテナーサックスを吹き続けてきた。

卒業を機にジャズのため、上京。高校の同級生・玉田俊二(タマダシュンジ)のアパートに転がり込んだ大は、ある日訪れたライブハウスで同世代の凄腕ピアニスト・沢辺雪祈(サワベユキノリ)と出会う。

「組もう。」

大は雪祈をバンドに誘う。はじめは本気で取り合わない雪祈だったが、聴く者を圧倒する大のサックスに胸を打たれ、二人はバンドを組むことに。そこへ大の熱さに感化されドラムを始めた玉田が加わり、三人は“JASS”を結成する。

楽譜も読めず、ジャズの知識もなかったが、ひたすらに、全力で吹いてきた大。幼い頃からジャズに全てを捧げてきた雪祈。初心者の玉田。

 

トリオの目標は、日本最高のジャズクラブに出演し、
日本のジャズシーンを変えること。
不可能と思われる目標に、必死に真摯に、激しく挑む―――。

 
 
  

 



※商品仕様は予告なく変更になる場合がございますのでご了承ください。
※在庫がなくなり次第終了となります。
※お客様のご都合によるご注文のキャンセル、変更、返品はできませんのでご注意ください。
 

  
 
 
発売元:東宝
©2023 映画「BLUE GIANT」製作委員会 ©2013 石塚真一/小学館